アプリ開発する際に大切なこと

2015年10月31日

弊社もアプリ開発・アプリ制作の依頼をいただく際、最近よく聞かれる点として

 

「アプリをダウンロードしてもらうにはどうしたらいいの?」

 

こんな質問をよく聞かれます。
たしかに、アプリを制作してもダウンロードしてもらわない限り、存在を知ってもらえず利用されないという状況になってしまいますよね。
アプリは皆さんもよくご利用されているかと思いますが、こんなメリット・デメリットがあります。

 

<メリット>
1)スマホの画面上にアプリのアイコンがあるので、いつでもすぐアプリを起動することができる。
2)プッシュ通知を利用すると、更新情報を自動でお知らせしてくれるため、タイムリーに情報を知ることができる。
3)比較的スマホの画面用に最適化されているので、操作性が良い。
など

 

<デメリット>
1)OSのアップデートによる修正プログラムの手間や運用でのコストがかかるケースがある。
2)WEBに比べ、アプリの修正があった場合でのタイムリーな更新ができない。(AppStoreへの審査の反映がコントロールできない)
3)iOSとAndroidの両アプリ制作する場合に、修正のコストがWEBに比べ比較的かかる。
など

 

まだまだたくさんあるかと思いますが、このくらいにしておきます。
そこで本題ですが、現在アプリをダウロードしてもらうための方法は
たとえば、
・広告媒体(TV・折込チラシ・DMなど)
・店頭POP
・自社WEBサイト
・リスティング広告(ランディングページへの誘導)
・アフィリエイト広告
・アプリ内広告(他社アプリ内での広告)※iOS9より広告ブロックできるようになったため、以前よりも有効でなくなってきています。
・アプリダウンロードにおけるインセンティブ(今ならダウンロードで10%OFF)
など

 

まだまだたくさんありますが、どの手法にしてもアプリ制作+アプリダウンロードプロモーションというものは
大変重要になっております。
ぜひご検討ください。

 

アプリ制作(iPad/iPhone/Android)のことなら、実績豊富の株式会社キャスト

http://cast-ad.co.jp/service/