iPadの世代(モデル)の見分け方(簡単編)

2013年11月11日

※2014年10月24日追記
iPad Air2とiPad mini3の発売開始に伴い、iPadとiPad miniの全機種対応の早見表を公開しました。

>>こちら:iPadの世代(モデル)の見分け方(全機種対応表)
————————————

iPad Airが発売されて1週間と少し経ちました。
端末の入替をご検討中のお客様から、弊社のiPadヘルプデスクへ「自分のiPadの世代(バージョン)が分からない」というご質問を多くいただくようになりました。
この「iPadの見分け方」についての質問は、iPadの新製品が発売になる度に頂く頻度が高くなっていますので、非常に簡単な見分け方を書いておきます。

<ざっくり見分ける方法>
iPad(初代):カメラがついてない
iPad 第四世代:コネクタ端子が細い(Lightningケーブル)
iPad Air:幅が細い(縁が細い)
iPad mini:小さい

この見分け方で、iPad2とiPad第三世代以外は見分けがつきます。
iPad2とiPad第三世代(以下iPad3)は、外観上大きな見分けがつきませんが、いくつかの違いはあります。
・厚さ
 iPad2:8.8mm
 iPad3:9.4mm
・重さ
 iPad2:601g(Wi-Fi)/613g(Wi-Fi+3G)
 iPad3:652g(Wi-Fi)/662g(Wi-Fi+3G)
つまり、「少し厚くて少し重い方がiPad3」となります。
この確認方法の場合はiPad2とiPad3を比較する場合には有効かもしれませんが、iPad単体で確認が必要な場合は、以下の方法でご確認ください。

<iPadの表示から確認する>
iPad背面のモデル番号をご確認ください。
iPad2とiPad3では次のように異なります。
iPad07
iPad2
CDMA モデル:A1397
GSM モデル:A1396
Wi-Fi:A1395

iPad3
Wi-Fi + Cellular (VZ):A1403
Wi-Fi + Cellular:A1430
Wi-Fi:A1416

<iTunesで確認する。>
iTunesの「デバイス」欄でiPadの世代を確認する事ができます。
ipad11
左側がiPad2、右側がiPad3のiTunes画面になります。

これらの作業により、iPadの世代を確認する事ができます。